グリーンスパン発言と株式市場

アクセスカウンタ

zoom RSS ドル下落による差し迫った危険ない=グリーンスパン前FRB議長

<<   作成日時 : 2007/10/18 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだまだ経済の不安は、グリーンスパン氏を必要としています。氏の発言には注目していきたいと思います。

(asahi.comより引用)

 グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は、ドル下落による差し迫った危険があるとは考えていないとの認識を示した。チェコのプラボ紙の18日付早版が、前議長が衛星回線を通じて行った講演の内容を報じた。

 同紙によると、グリーンスパン前FRB議長は、クレジット危機によって米国が景気後退に陥る確率は最高でも50%との見方をあらためて示した。

 グリーンスパン前FRB議長は、ドルよりもインフレがドルに比べ米国にとりより大きな懸念であるとし、ドルは容認できる水準で取引されていると述べた。米経済の問題がいつ収束するかを予想することは不可能で、経済見通しは不動産市場の回復次第との認識を示した。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ドル下落による差し迫った危険ない=グリーンスパン前FRB議長 グリーンスパン発言と株式市場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる