グリーンスパン発言と株式市場

アクセスカウンタ

zoom RSS 的確な金利政策

<<   作成日時 : 2007/05/06 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1992年の大統領選挙では民主党が勝利し、ビル・クリントンが大統領に就任した。

景気回復のためには財政赤字を削減し、長期金利を下げることが必要だというグリーンスパンの意見が容れられ、1400億ドルの支出削減が政府の経済政策として発表されると、長期金利は低下した。

1994年に景気が拡大を始めると、FRB内部では0.5%の利上げが検討されたが、グリーンスパンは5年ぶりの利上げであることから、市場にショックを与えないために0.25%の利上げを主張し、理事会を説得して指導力を発揮した。

1995年は金利を5.5%前後に置き、失業率・インフレ率が低く抑えられ1.5%の経済成長と好調な株式市場という理想的な状態になった。

(Wikipediaより引用)


ちょっとお金が入用・・・なら
ネット系キャッシングで即日融資 郵便局ATMでキャッシング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
的確な金利政策 グリーンスパン発言と株式市場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる