グリーンスパン発言と株式市場

アクセスカウンタ

zoom RSS FRBの独立性を守る

<<   作成日時 : 2007/05/05 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1988年の大統領選挙の前には景気を優先させるために、政府は利下げの圧力をかけたが、グリーンスパンはFRBの独立性を守り、インフレ対策として利上げを行った。

選挙は共和党が勝利し、ブッシュ大統領が就任した。1989年には金利は10%近くまで達したが、景気が軟化したためグリーンスパンは徐々に利下げしていった。1990年8月にイラクがクウェートに侵攻し、景気の指標が低下すると、グリーンスパンはさらに利下げを行った。

ウォールストリート・ジャーナルはFRBの他の理事たちの一部にグリーンスパンは利下げを急ぎすぎているという不満があると伝えた。グリーンスパンの任期は1991年の8月に切れるが、大統領がぎりぎりまで再任を決めなかった。そのため政府からFRBに対する暗黙の圧力を疑われ、グリーンスパンの再任が決まった際にウォールストリート・ジャーナルはFRBの独立性について社説で疑問を投げかけた。その後、景気が急速に悪化したため、グリーンスパンは12月に1%の利下げを行い金利は4%になった。

(Wikipediaより引用)


ちょっとお金が入用・・・なら
ネット系キャッシングで即日融資 郵便局ATMでキャッシング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
FRBの独立性を守る グリーンスパン発言と株式市場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる