グリーンスパン発言と株式市場

アクセスカウンタ

zoom RSS アラン・グリーンスパンとは

  作成日時 : 2007/05/01 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アラン・グリーンスパン、スゴ腕の金融政策が光ります。彼の発言は、主に世界の株式市場には絶大な影響があります。今回も中国株の成長に対してチクリ!
アラン・グリーンスパンとはどんな人物なのでしょうか・・・



アラン・グリーンスパン(Alan Greenspan, 1926年3月6日 - )は、米国のマネタリスト経済学者で、1987年から2006年まで連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めた。就任直後の1987年に起きたブラックマンデーを巧みな金融政策で乗り切り、1990年代の米国経済の黄金時代を招来したため、長期にわたって信任されていた。米国マスコミもグリーンスパンの手腕を絶賛し、「マエストロ」(巨匠、名指揮者を意味するイタリア語)の称号を与えた。

一方でドットコム・バブルが2000年にピークを迎え、2001年から2002年の景気後退を招いた。2001年以降、資産市場を刺激することで実体経済を調整してきたことやグリーンスパンの声明がFRBの伝統的な範囲を越えていたり、ブッシュ大統領の政策を過度に支持したりしている事が批判されるようになった。そのような批判にもかかわらず、グリーンスパンはその期間もアメリカの実体経済と金融政策の権威とみなされた。

2006年にグリーンスパンはFRB議長を退職し、イギリスのブラウン財務相の名誉顧問に就任した。

日本の元財務大臣の塩川正十郎が「塩爺」と呼ばれていたことに対抗して、グリーンスパンは「緑爺」(みどりじい)と呼ばれることがある。

(Wikipediaより引用)


ちょっとお金が入用・・・なら
ネット系キャッシングで即日融資 郵便局ATMでキャッシング


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アラン・グリーンスパンとは グリーンスパン発言と株式市場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる